FC2ブログ
昨日魚を求めてちょっと遠いイオンに仕事帰り向かったんだけど…
火曜だからか割引の魚少なかった(´・ω・`)

それはさておき、化粧品コーナーでアウトレット品を発見。
ボタニカルBBクリームとプレストパウダー発見。MADE IN JAPANのね。
一応パッチテストとして腕につけたけどしみるとかないので購入してみた。
普段オルビス使ってるけど、それなりの金額するんだよね…
普段薄化粧だし、スキンケアも豆乳イソフラボン、馬油クリームを使っているからトータル美容代は安く済んでいると思うけど、やはり出費痛い。
自分自身枯れているので、美容にあまり関心がなく、マナーとしてしているだけなのでできれば安く済ませたい。だが皮膚が弱いせいで、直に付けるものは気をつけないと皮膚炎起こすという…
元々アトピー肌で若いうちから肌がぼろぼろだったから今更気にならないとも言う…諦めだよねもう。

この化粧品が肌に合えばいいな。元の金額は定価3000円が70%オフみたいな感じだったから悪いものじゃないと思うんだよね。
この間BBクリームをオルビスで通販しちゃったんだよなぁ…まぁ化粧品なら…未開封であれば大丈夫だよね?

安い化粧品見つけてラッキーと思った自分の幸せの基準低いなと思いつつ、おめでたい思考であると実感した。


今年に入って「どろろ」という手塚作品のリメイクアニメを途中から鑑賞しているが、なかなか重い。だけど好きだ。
最初から見たら良かった!と思ったけど、私が見始めた直前の話は超重い話だったそうで、見なくてよかったかもとちょっとホッとしたり。
後少しで完結だが、鬱エンドになりそうな予感だ。
最近は映画でも小説でも漫画でも作品全般鬱展開が嫌われる風潮らしいが、私は好きなんだよなぁ。
自分の今の作品も鬱展開があるので、前の作品より読者少ないけど、それも趣味だし、凹むけど仕方ないよねと思ったり。

渡しの場合本当に落ち込んで暗い時に明るいもの見ても全然心に響かないんだよね。何も受け付けないと言うか。
だけど他の人は現実逃避にご都合主義を求めているらしい。
クリエーターもそういう物を求められているようだ。

ただ明らかに文章がなってなくて中身スカスカの作品のが評価されていると、ちょっとやる気失せちゃうよね。